2007年10月11日

企業経営理論 人材の能力開発

 企業法務の仕事をしていると企業経営理論の学習の必要性を感じることがあります。社会が変動している昨今、新しい市場や新規事業開拓に乗り出すことを計画している企業の皆さんはどのように人材を育成をする体制を構築する際にもそれを感じることがあります。例えば、企業経営者の皆さんは、次の時代の社内体制を整備する際、人財育成はどのような理念に従って行えばいいとお考えでしょうか。
 これまで、中小企業では、制度的体系的な研修制度はコストがかかることから実現せず、OJT(オンザジョブトレーニング)として、実際に仕事を行いながら、上司や先輩などが新人を教育している体制を組んでいることが多かったのではないでしょうか。しかし、これでは、短期的思考にとらわれたり、教育する上司や先輩の経験に教育効果が左右され、体系的な知識技術の習得が困難なことがあります。
 しかも、新しい分野に投入する人材を育成するにはこのような、既存の経験・ノウハウに基づく指導体制ではやはり、有能な人材を育成するのが難しいのが実状です。このような場合にOFFJT(オフザジョブトレーニング)や、従業員自身の自己啓発活動を支援する制度を併用して、新たな情報を組織的に取り込んでいくことが望ましい場合があります。このような観点からのアドバイスも心がけていきたいと思っています。


 もちろん、中小企業のみならず弁護士の業界もOFFJT(オフザジョブトレーニング)や、これまでの既存の概念にとらわれない自己啓発活動が必要な時代になってきました。既存の価値観のよい部分は継承しつつも、新しい意識を持って、法律職という専門性を磨きつつ周辺領域の研究も続けていきたいと考えています。
 
 
  ビジネスブログ100選


 顧問弁護士をお探しの方又は相談をご希望の方はこちら

posted by NAY at 00:22| 企業経営理論