2010年12月15日

中国のPL対策・消費者対策

今日は、JETROでの中国PL対策・消費者対策についてのセミナーに参加する機会を得た。日本のPL法と異なる部分も多く、実際クレームを述べてくる中国の国民性を踏まえた上で、法制度とマスコミ対応など濃い内容でした。
有名な判例ですが、PL事故時の鑑定証拠の取り扱いについての問題、模倣品によるPL事故トラブルにおける模倣品であることの立証などの対応は、企業の担当者には参考になったのではないでしょうか。また、中国のマスコミの歴史的背景と現状を踏まえた対策は大変有意義でした。日本の考え方をそのまま持っていってはいけないのは、中国に限った事ではありませんが、やはり、日本は同じ文化の中で少し生ぬるいリスクマネジメントをやりすぎだと担当した中国の律師の先生はおっしゃっていましたが、正直なところ、弁護士の私としては、特にこれまで大企業の業務のみを担当してきた中堅の企業においては、海外法務のみならず国内法務においてもリスクマネジメントが十分でない事例は多い印象を受けています。
しかし、こういった企業を支援し国内の雇用を守るのが私の職責だと理解しています。1つでも多くの企業の支援ができるよう改めて気を引き締めることに致しました。

御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら
naylaw16をフォローしましょう 
posted by NAY at 22:09| 中小企業支援