2010年11月04日

またも弁護士殺害事件

何とも痛ましい事件が今度は秋田で発生した。弁護士の自宅での惨事のようですが、警官の誤認も殺人事件へとつながってしまった可能性も否定できないようです。何とも痛ましい事件です。被害にあわれた先生のご冥福をお祈りいたします。

このような事件が続く以上、弁護士の事務所でのセキュリティのみならず、余計な個人情報を開示するべきではないのかもしれません。昨今、家族の写真や、子供の写真をWEBに掲載している先生も多くいらっしゃるようですが、個人的にはよくできるなと思います。TwitterやFacebookで位置情報を公開している人なども気をつけるべきではないでしょうか。ブラジルなどでは、このような位置情報を使われ犯罪の被害者になってしまった事例もあります。日本においてもいつまでも治安が良いなどとのんびりしたことは言っていられない。

特に弁護士は紛争を扱うのですから心してかからなければいけません。以前から弁護士の業務というものは、危険と隣り合わせになることも否定はできない。常日頃危機管理も意識しておかねばならないと思っています。

御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら
naylaw16をフォローしましょう 


posted by NAY at 23:50| 日記