2010年08月14日

帝国データバンク 7月の倒産集計公表

帝国データバンクが7月の全国の企業倒産集計を公表しています。大型倒産は沈静化し、倒産件数も減少しているものの、依然として中小零細企業の倒産は少なくないようです。大型倒産は、沈静化しているものの、自動車関連産業の中小規模の部品メーカーなど、補助金が9月でストップした場合に、駆け込み需要後の販売不振の影響もあるかもしれない旨コメントがあります。神奈川から愛知にかけての東海エリアの企業において、影響が出なければよいのですが、支援できる場面があれば全力で支援していきたいと思っています。
又中小企業でモラトリアム法案で何と書きながら得ている企業についても、今後景気回復を力強いものにしなければまた期限切れで倒産が増える可能性もあります。
 
再生の現場でできる限りのことをする覚悟ですが、一方でできるだけ早い経済対策と景気回復を願ってやみません。
 

御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら
naylaw16をフォローしましょう 

posted by NAY at 20:30| 倒産・事業再生・M&A