2009年12月24日

ジェイコム株誤発注東京地裁判決

東京地裁でみずほ証券と東京証券取引所の東京地裁判決が下されたがいったんは控訴断念との報道がなされたもののみずほ側の控訴で両者控訴する事態に発展している。確かに、みずほ側の誤入力は致命的なミスであるとして過失相殺が議論されていますが、その割合の合理性や、損害を認めた時間的な切り分けについてまだまだ争いが続きそうです。システムの不具合の点についても控訴審ではどのように判断されるのか注目されます。
 
 御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら


 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。