2009年08月27日

更新料裁判、大阪高裁が更新料無効判断

7月に京都地裁で更新料の規定を無効とする判決がでましたが、今度は、平成21年8月27日付で大阪高裁で更新料特約を消費者契約法第10条に該当するものとして、無効との判断をしたとの報道がなされています。判決文を見れていないのでその理由の詳細は分かりませんが、高裁での判断が出されたことで、更新料規定に関する今後の不動産実務に大きく影響が出そうです。
 
 
御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら


 

posted by NAY at 20:06| Comment(0) | 不動産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。