2009年07月22日

東証、上場企業の罰則使い分けへ

 東京証券取引所は、8月をめどに同証券取引所の規則に違反した上場企業への罰則の種類を増やし、同じ違反行為に対しても、複数の罰則を用意して悪質性に応じて対応することとし、投資家が安心して参入できる市場を形成することを目指すとの報道がなされています。規則違反行為に抵触しないようこれまで以上にマネジメントを徹底する必要から上場維持コストの負担増になるかもしれませんが、投資環境を整備する観点からは必要な改革と思います。
 
 御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら
 
posted by NAY at 17:40| Comment(0) | IPO(株式上場)支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。