2009年07月21日

2009年上半期IPO(株式上場)した企業は一桁台

2009年度の上半期の上場はやはり大幅に減少したようですね。1桁台だそうです。上場を準備していた企業自体の業績の悪化や、内部統制報告制度等の上場コスト増大、審査実務の厳格化、株式市場の低迷等様々なことが言われています。ただ、IPOにもデメリットがあり、中には上場していてもあえて経営判断からゴーイングプライベートの判断をする企業もあります。これに対し、このような非上場化に批判的な意見も根強くあります。IPOするのも非上場化を選ぶにも自社の企業経営にとって何が一番重要なのかこれまで以上に適切な判断が求めらているのかもしれません。
 
 御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら
posted by NAY at 11:44| Comment(0) | IPO(株式上場)支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。