2009年06月23日

グーグルストリートビューへの総務省見解

総務省は、グーグルストリートビューに関し、個人情報保護法、プライバシー権、肖像権等の観点から検討を加え、一律にサービスを停止するまでの重大な問題が有るとは言い難いとしつつも、個別の権利侵害等の問題を指摘している。まだ提言案の段階なので、【←総務省へリンク】今後修正される可能性もあるが、一定限度で問題があることを否定はしていない。グーグル側の適切な個別対応が求められる。今後の審議の経過やグーグルの対応を見守るとしよう。
 
 御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら 
posted by NAY at 20:30| 電子商取引/IT/コンテンツ