2009年06月22日

韓国、リチウムイオン蓄電池に新たな規制

韓国がリチウムイオン蓄電池に対し、新たな規制を導入することとしています。しかしながら、この規制に対し、米国制の電池には、米国の認証機関で規制がクリアされる例外措置を施しながら日本に対してはこの様な譲歩を示していません。リチウムイオン蓄電池のシェア争いをめぐる競争が背景にあるものと考えられますが、このような対策に対し日本政府は有効な手立てを打つことができるのでしょうか。詳細性のある産業だけに、国家として責任あるきちっとした対応をしてもらいたいものです。
どうも、最近の日本は、政治力・外交力がないためにほかの分野にもどんどん悪影響が及んでいる気がしてなりません。以前のブログでも書きましたが、無駄な箱モノに税金を浪費している場合ではありません。


御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら 
posted by NAY at 21:34| 企業法務全般