2009年06月19日

経産省、情報セキュリティセミナー開催

経済産業省が、情報セキュリティに関する普及・啓発活動の一環として、企業の経営者や情報セキュリティ担当者を対象とした「情報セキュリティセミー」を全国各地で開催します。開催される内容は以下の通りです。企業のセキュリティ担当者は参考にされてください。
 

【情報セキュリティ対策マネジメントコース入門編】 
主な対象 中小企業の経営者や管理者で、情報セキュリティ対策の必要性は感じているが、まず何をすべきか分からないという方 
概要 重要な情報の保管・持出し・廃棄、ウイルス対策、パソコンやメールを利用する上での注意点、従業者や取引先での機密保持など、中小企業が入門レベルとして最初に取り組むべき情報セキュリティ対策について、「 5分でできる!中小企業のための情報セキュリティ自社診断」(http://www.ipa.go.jp/security/manager/know/sme-guide/index.html)にある 25個のチェックポイントを紹介しながら解説する。 
 
【情報セキュリティ対策マネジメントコース実践編】 
主な対象 企業における管理面からの情報セキュリティ対策に関し、具体的な事故事例から対策のポイントについての理解を深めたい方 
概要 情報セキュリティに対する組織的・物理的対策等の管理的取組について、それぞれ事故事例を踏まえ、事故発生の原因、危険要因を分析し、行うべき対策例や対策のポイントを解説する。事故事例には、社員の情報持ち出し、私物 PCの利用による情報漏えい、委託先からの情報漏えいなど、発生しがちな事故を例示し、シナリオベースのケーススタディを行う。 
 
【情報セキュリティ対策技術コース標準編】 
主な対象 企業における情報セキュリティ脅威、および技術面からの対策に関して理解を深めたい方 
概要 近年の情報セキュリティ脅威は「見えない化」が進み、その全貌が分かりにくくなりつつある。さらに、日々新たな攻撃手法が出現しているのが実情であり、適切な対策のためには“敵を知る”ことが大前提となる。本コースでは、セキュリティ事故防止の視点から、最近の重大な情報セキュリティ脅威の動向と事例を紹介しつつ、それぞれの技術的対策のポイントについて解説する。 
 
【情報セキュリティ対策技術コース専門編】 
主な対象 ウェブサイトの開発・運営や、システムの運用に関わっている方で、生じうるセキュリティ上の問題およびその対応方法について理解を深めたい方 
概要 企業がウェブサイトを構築する際、開発するウェブアプリケーションにおいて必要なセキュリティ対策について、デモを交えて解説する。また、情報システムの運用時に、セキュリティ事故が発生した際、技術的な調査、および対応の方法を、ケーススタディを通じて解説する。 

 
御相談、顧問弁護士のご依頼、お問い合わせはこちら 
posted by NAY at 10:39| 情報セキュリティ