2009年06月03日

GM破綻による部品製作等の中小企業への影響と支援について

 GMのチャプター11の申請に伴い、取引先となる中小企業の連鎖倒産之影響が出ています。この様な事態を何としても回避するために日本政府には、迅速かつ適切な対応を行ってもらいたいものです。

 既に、景気対策で行われているセーフティネット貸付等の諸策を活用して、できる限り救済したいと経産相のコメントも報道されていますが、制度の存在が周知されていなければ意味がありません。特に米政府の取引先保証の範囲が最終的にどのような方向でまとまるのか動向を見守る必要もありますが、特に直接取引のない2次下請けには、その対応が生き届かない可能性があるとの報道もあるため、できる限り国内でお行うことができる対応に関しては周知徹底してほしいものです。
 
なお、先日もお知らせしましたが、これらの制度を利用するのに出資等が必要だなどとして悪質な手口の詐欺行為も横行しているようですので、しかるべき団体に問い合わせて正しく活用してください。
 
 中小企業庁の資金繰り支援のページ

 
 
 
 

posted by NAY at 17:21| 中小企業支援