2009年01月15日

デジタルコンテンツ新法と中山試案公表

デジタルコンテンツ利用促進協議会では、デジタルコンテンツ新法の「中山試案」を公表し、意見募集を開始しました。試案では、インターネット上におけるデジタルコンテンツの流通について、一つのコンテンツの上に多数の権利が錯綜し、権利処理だけで多くの時間と費用が必要であるのが現状と指摘しています。これを解決するため、
(1)デジタルコンテンツの利用に関する権利の集約化
(2)コンテンツやそれにまつわる権利者といった権利情報のデータベース化
(3)コンテンツ利用の対価を権利者に還元させる仕組みの構築
(4)デジタルコンテンツの特性に応じたフェアユース規定の導入
 などについて、デジタルコンテンツのインターネット上での利用に限定した特別法として整備するよう求めています。


御相談、顧問弁護士の依頼、お問い合わせはこちら


posted by NAY at 00:44| 電子商取引/IT/コンテンツ