2008年05月27日

行き過ぎたコンプライアンス

 コンプライアンス(法令遵守)を実践しないと企業が倒産する。内部統制どのように実現するか。昨今このような話題で企業内のコストが増大しているものと思います。制度の理念的な部分には賛同しますが、法律を形式的に遵守しただけでは、不祥事の発生を防ぐことはできないと考えています。またそれだけではなく、かえって企業コストを増大させ、企業の活力が奪われる可能性すらあります。同趣旨のことをおっしゃっている大学教授の先生もいらっしゃいましたが私もそう思います。

 いろいろと法律名を並べる前に、現場の従業員の意識の程度、企業の構成員の横や縦のコミュニケーションの円滑性がどこまであるのか検証し、足りない部分で、実現可能なルール作りを行い、さらに、ルールで縛るのではなく、ルールから意識を高める啓蒙を行うなど必要に応じたルール作りが求められているのではないでしょうか。

 厳しいルールを作っても逆に、守ることが業務運営上、困難であると、かえって社内ルールは誰も守っていないのだから、守る必要がないとか、そんなルールがあったのですかなどというモラルハザードを招きます。
 せっかくコストをかけ、業務効率も妥協してルール作りをしてもこの有様ではいけません。
 
 

いつもご愛読いただきありがとうございます。ブログランキングに登録しておりますので下記アイコンをクリックいただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

posted by NAY at 15:38| 企業経営理論