2008年05月26日

ベンチャー企業の資金調達受難の時代

 先日、帝国データバンクから、ベンチャー企業の倒産激増の報告が出されたことを紹介しましたが、依然として、ベンチャー企業を取り巻く環境は厳しいようです。ジャスダック等新興市場への投資が芳しくないことや、さらには、サブプライムローンによって投資家の活動が冷え込んでいることから、ベンチャーキャピタルも投資資金を集めにくく、投資の機会が激減しているような話も耳にします。
 もちろん、投資が全くなされなくなったわけではないのですが、案件を絞った投資の方向は顕著であり、ベンチャー企業の資金調達は非常に困難になってきています。資金繰りに窮する前に事業計画を慎重に見直し、より事業の透明性を高め、投資家に興味を持ってもらようこれまで以上の努力が必要になってきています。

 
 
 いつもご愛読いただきありがとうございます。ブログランキングに登録しておりますので下記アイコンをクリックいただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


 

posted by NAY at 02:25| ベンチャー支援